ただ遠くから見つめている

七尾はるかは氷崎に憧れていたが、男前でファンも多いので、ただ遠くから見つめているだけだった。

しかし、小学校の段階からくされ縁でいつもはケンカしてばかりの石崎健也に励まされて、公表を決意する。

氷崎のところへ伺う真っ最中、校舎の道筋が俄然崩れて、はるかはどっか物悲しいところへ落ちていく。

自分の称号を叫ぶ意見に気がつくと、目の前には知らない旦那がいた。

安心したように涙を流してある旦那は誰だろうとはるかが考えていると、その旦那は突然はるかにキスをやる。

「ギャーッ!!」旦那を殴って大騒ぎするはるか。

はるかは、災害からまる2お天道様眠っていたらしい。

災害?皆さんは道筋から落ちたはずなのに…それに、何故医師は自分のことを石崎氏と叫ぶのか?

はるかにキスをした旦那は石崎健也らしいがスゴく老けている。

はるかが目線を覚ましたところは10階級後の世界で、はるかは27年代になっていた。

しかも、健也と年間前に結婚したらしき。

健也と一緒にいる広場にもまるっきり事例がなかったが、鏡に思える自分の格好も27年代で、10階級前の皆さんとはからきし違っていた。

動揺するはるかを健也は手厚く抱きしめコッテリキスを始める。

そして、胸を弄ばれ映るはるか。

健也のしかたが下半身へ伸びると、はるかのアソコは健也の指に応対して濡れていた。

道筋が崩れて落ちて、気がついたら10階級後の基盤になっていた。

ボディーは27年代になっていても、ココロは17年代の処女のままのはるか。

「自分…どうしたらいいの?」

2014階級TL通年種類で1近辺に輝いた作だ。

道筋から落ちて10階級後のネクストジェネレーションへ時間スリップしてしまった女の子が、

高校のままの処女のココロのキャラクターが、成熟した自分のカラダに動揺するところがうれしいだ。

結婚していたお客様は憧れのユーザーではなくて、ケンカばかりしていた幼なじみで、

すご~くキャラクターの女の子のことを大切に想っているというのが伝わってきてキュンキュンする。

図形も巧妙ですね~。

片影を記しながら、高校と27年代を描かれていらっしゃる。

10階級後のネクストジェネレーションにごっそり飛んでしまって、エッチなことに鋭敏に反応する自分に戸惑うだけのお話なのかと思っていたら…。

まだ読み始めたばかりですが、事例を失った10階級の間に実に何かとあったみたいです。

高校の間のキャラクターの女の子は、ほんとに元気がいい空気でしたが、憧れの氷崎氏との間に何かあったようで、心に怪我を負います。

そんな時、健也と再会して結婚したらしきのです。

最初のほうは、エッチなシーンもあるけど爽やかお話でしたが、

徐々にどろどろした感じになって来る雰囲気だ。

それに、27年代の個性を有する高校のはるかも見つかる系統。

一緒にあかすうちに、17年代の心のはるかも健也のことを愛するようになります。

混線する今後の拡散が楽しみです。
静岡市の不倫相談